新年おめでとうございます!今年の歩き初めは軽いメニューでスタートです。

2013年1月16日 │ 高峰山
書いた人:tutiya

1月12日高峰山トレッキング

年末からの晴天続きで、ここ浅間山麓もちょっと雪が少ない感じです※。

正月休みでなまった身体を少しでも元に戻そうと、とりあえず近場の高峰山へ出かけてきました。

※今日現在(この記事を書いている1月16日現在)は、1月14日の大雪で辺り一面真っ白です。

10:00車坂峠ホテル前スタート—–11:10高峰山頂—–(昼食タイム40分間)—–13:00ゲレンデ下山—–13:40ホテル前駐車場

高峰高原ホテル裏から鳥居をくぐり、標高差80メートルあまりを登ると尾根に到着です。富士山がよく見えます。

佐久平一望です。

登山道の雪も踏み固められており、スノーシューではちょっと物足りない感じがします。が、スノーシュを外して歩くと、ズボズボとはまります。(やっぱりスノーシュはすごいです。)

UFOか?と思ってしまうような雲が富士山上空にできています。

(時々この辺の上空にはよくこんな形の雲ができるんですが・・・)(この雲、このあともずーっと崩れずに長い時間上空にとどまっていました)

高峰山頂で祠に手を合わせ登山の安全を祈願。帰りは高峰温泉口に下山し、アサマ2000スキー場経由でスタート地点に戻ります。

前方からちょっと変わった車が登ってきます。

高峰温泉の送迎車みたいですね。なんかカッコいいですね!と思っていたら、続いて雪上車もきます。

冬の間、高峰温泉に通じる林道はスキーコースになってしまいます。車で直接行くことができないのでお客さんの送迎に利用されているんですね。

雪が少なくても油断禁物!

歩く時はできるだけ山側を歩くようにしましょう。踏み固められたトレースでもちょっと踏み外すと谷側に転倒しかねませんから気をつけて!

斜面の足跡はうさぎさんかな?人間の足跡ではありません。真似をしないように!

厚手グローブでも調節簡単!ファストロック式ポール

今回はSINANO FAST-BC CARBON(シナノ ファスト-BCカーボン)を使用。厚手グローブでも操作は簡単。大きいバスケットが付いているので雪に埋もれにくく頼もしい限りです。

編集後記

翌々日(1月14日)は当地方も大雪で、浅間山も真っ白です。今週の山行きはばっちり白銀の世界が楽しめそうです。それではまた・・・