湯の丸山スノートレッキング

2013年2月13日 │ 湯の丸
書いた人:tutiya

2月9日 湯の丸山

絶好のスノーシュー日和。久々に湯の丸山にやってきました。結構にぎやかですが、テレマークの板をはいたスキーヤーやボーダーが大勢登ってきます。

9:00湯の丸駐車場スタート——10:45湯の丸山頂——11:30烏帽子側鞍部(昼食)12:00———13:10駐車場下山

みなさんスキーヤーです。スノーシュー組は数人だけ。

今日も遠くに富士山が姿を現しています。

2時間ほどで山頂に到着。風が強い!吹きさらしで石がむき出しです。スノーシューが壊れそう~。

烏帽子の向こうに北アルプスの峰々がくっきりと見えます。

やはり楽しみは食事タイム。烏帽子を望みながらあったか雑炊をいただきます。

ひとくちアドバイス:ガスカートリッジは雪の上に直接置かない方がいいみたいです。カートリッジの下にちょっとしたものを敷いておくと、雪がつかず片づける時も楽です。)

雪のフィールドでは食事以外にもこんな楽しみもあります。

動物の足跡です。うさぎじゃないなぁ、キツネかな?(まったくわかりません・・・/xx\)

こんなことにも気を付けて・・・

雪上では足元を確認しながら歩くので、どうしても下を向きがちになります。そんな時、張り出した木の枝に頭をぶつけてしまうことがよくあります。林の中を歩く時は木の枝にもご注意。

斜面でストックを突く時は、足元近くに突くようにしましょう。特に谷側は身体から離して突くとバランスを崩して転倒する恐れがあります。

編集後記:スノーライフ。まだまだ楽しめます。

今日(2月13日)もしっかり雪が降って、シナノから見える浅間山も八ヶ岳も真っ白です。花粉も飛んで寒い中にも何となく春の気配が感じられますが、まだまだ白銀の世界を満喫できそうです。それでは、また・・・