カモシカ出会いトレッキング

2013年2月27日 │ 浅間山
書いた人:tutiya

2月16日、冬の浅間山もう一つの楽しみ、カモシカ見学ツアーです。

今回はカモシカに出会える確立の高い浅間山麓に出かけてきました。期待しながら朝9時、登山口の天狗温泉をスタートです。が、前日降った雪と吹き溜まりで登山道が全くわかりません。

このコース、冬は登山客も少なく目印などの整備もされていないので登山道を熟知していないと遭難する危険大です。今回は6グループほどが入山したようですが、先に入ったグループはほとんどリタイアで途中引き返していきました。必ず経験者同伴で入山しましょう。

不動の滝も凍りつき、川も雪に覆われ見当がつきません。また、いたるところに吹き溜まりができ、登山道を塞いでいます。

道が分からず迷っている時に、こんなトレースがあると思わず喜んでしまいそうですが・・・、冷静に判断しましょう。

やったァ!カモシカに遭遇!

歩き始めて約2時間。運よくカモシカさんにご対面です。我々をみると最初は警戒していましたが、なれたのか、そのあとは気にもせずひたすら木の枝をくわえています。

この後姿、クマと間違えるほどの貫録!

カモシカは結構近づいても危険と判断するまで逃げません。運が良ければ3メートル位まで近づけます。

なにやら別の方角に視線を感じると・・・なんともう1頭がこちらをうかがっています。

(カモシカは牛の仲間なので1頭、2頭・・・と数えます。)

しばらくじっとしていましたが、安心したのかこちらによってきます。親子なのか、兄弟なのか、確かめるすべはありませんでしたが、運よくカモシカに出会えて私としては鼻高々のカモシカ見学ツアーでした。

編集後記

我々が目的地から引き返してきて、かれこれ2時間、このカモシカ君、まだ同じ場所にいました。よほど食べるものがないのかな・・・と思いつつ、春にまた会えるといいね。なんて、ちょっと友達になったような気がするひと時でした。