関田山脈バックカントリーレポート

2015年2月10日 │ その他
書いた人:shimozaki

新潟県在住の風巻さんから、鍋倉高原(飯山市)のバックカントリーレポートを頂きました!
風巻さんは、春夏はもとより、冬は毎週のように信越の山々のバックカントリーを楽しまれています。
雪山に果敢に挑戦される、アクティブなレポートをお楽しみ下さい。

———————————————–

1月18日(日)
『鍋倉高原(飯山市)の『森の家』から山に入り、シーズン最初の足慣らしの予定でしたが、結局関田山脈の花立山の中腹(標高1020m)まで標高差500m登り2時間ハイクアップしてしまいました。
快晴とまでは行きませんが、朝方は雪交じりのお天気も後半は青空に恵まれ、楽しい一日となりました。』
 
「R,Gさんと私がテレマークスキー、mackeyさんはクロカンスキーを使用。
 R,Gさんとmackeyさんはシールを使用、私はウロコ板で登高。」

コースタイム
森の家(駐車場)10:55発 
最高到達点(1020m)13:00着  13:50発   
森の家15:00着

『mackeyさん初めてのクロカンスキーで悪戦苦闘 頑張りました!』


前方奥が鍋倉山。


青空が見えてきました。貸し切り状態です。


樹氷もきれいです。


クライミングサポートをセットして登高です。

今回の使用は 「Fast BC Pro」。2015年10月より出荷を予定している新製品で、
3月までの積雪期に積極的にお使いいただき、いろいろなご意見を頂いています。
2015-シナノfastbc
Fast BC Pro
発売の際は、シナノサイトでお知らせいたします。

皆様の登山レポートをサントレース通信にお知らせ下さい!