立山室堂バックカントリーレポート

2016年4月28日 │ 立山
書いた人:shimozaki

登山ガイドの髙木律子さんより、立山室堂へのバックカントリーレポートを頂きました。

***********************************************************

4月20日(水)~21日(木)の2日間、ガイド仲間と一緒に立山室堂にバックカントリースキーに出かけてきました。
青空に恵まれ、大パノラマを満喫できました。


写真は一の越、立山三山、真砂岳、室堂。

シールを使った登りでは所々で凍結していて、スリップしやすい箇所がありました。
そんなコンディションでも、Fast BC Proは横からも上からもしっかりと握りやすいグリップ形状なので、踏ん張りが効きますね。

一の越            

ストックはバランスが良いので、滑っている最中に振ったとき重さを感じません。


一の越から室堂へ (↑写真ご提供:杉本晴美ガイド)

室堂周辺は、例年よりも積雪が少なめでした。
それでも何とか5月中~下旬まではバックカントリーを楽しめそうです。


バックカントリーに出かける際は、ビーコン、プローブ、スコップはもちろんですが、この時期はアイゼン(またはスキーアイゼン)とピッケルも携行した方が良いでしょう。
入山前には山行計画書の提出をお忘れなく。
正面奥 猫又、毛勝方面

髙木律子さん、ありがとうございました。

☆★★ 登山ガイドの髙木律子さんのブログも併せてご覧ください! ★★☆
髙木律子さん ブログ

—————————————–
サントレース通信では、皆様の山行レポートをお待ちしております。
まずはSINANOお問い合わせ画面より、お知らせください。