南アルプス甲斐駒ヶ岳~鋸岳の縦走

2016年10月17日 │ 甲斐駒ケ岳&仙丈ケ岳
書いた人:shimozaki

サントレース通信は、お久しぶりの更新です。
国際山岳ガイド 「サミットガイドオフィス」の篠原 達郎さんと
登山ガイド 橋尾歌子さんによる 甲斐駒ケ岳、鋸岳縦走レポートを頂きました。

通常岩稜歩きではストックを使わないように注意されているため
橋尾さんも岩稜帯ではストックをしまい、ガレ場の登り下りでストックを使用されたそうです。
フォールダーFREEをお持ちいただき、
『ストックががあったおかげで助かりました。
傾斜がきついのでなかったらすごく大変です。』 とコメント頂きました。

以下、橋尾さんのレポートです。
——————————————————

天気が悪い週末が続き、このところ思うように山に行けなかった。
10月の三連休、南アルプスの甲斐駒ヶ岳から鋸岳の縦走を計画。
初日は北沢峠に泊まり、二日目は、朝から土砂降りだった。
この日は甲斐駒ヶ岳に登頂し、南側の六合目避難小屋に宿泊。
危険箇所はないので計画通り出発すると、甲斐駒ヶ岳の山頂直下から天気は回復してきた。

まるでカーテンを開くように、白いガスが右から左に移動していく。
北岳から遠く塩見岳までを山の連なりを見ることができた。鳳凰三山ははるか下だ。
六合目避難小屋に泊まり、翌朝は快晴。鋸尾根を縦走する。
中の沢乗越で一休みし、目の前にそびえる第二高点に圧倒される。
傾斜がきついので、ここでストックを出した。
きつい傾斜は、高度が上がるのが早い。
30分ほどで第二高点に着いた。すぐ近くに第一高点が見えている。
第二高点から先、高ギャップ、大ギャップ、鹿ノ窓などの難所が続く。

近くに見えていた第一高点までは思った以上に時間がかかる。
第一高点からは、甲斐駒ヶ岳からの歩いてきたルートを一望することができた。

あぁ、いっぱい歩いたなぁ。

色づき始めた山肌を、白いガスが音もなく登ってきて、甲斐駒ヶ岳の山頂を隠そうとしていた。
さて、ここからもう少し進み、、長い長い角兵沢の下山が続く。

 

中ノ川乗越から第二高点への急な斜面を登る。背後に甲斐駒ヶ岳がそびえ、
その手前に日向山までの縦走路が見える。
日向山までの縦走路は、約8時間の行程だが、最近登山道が整備され、登る人が増えているようだ。

 

急な登りを終え第二高点へ。第一高点は意外に近く見える。

 

大ギャップ、鹿ノ窓、小ギャップなどの難所を越え、鋸尾根最高峰の第一高点(2685m)へ。
甲斐駒ヶ岳から歩いてきた長い登山道と、背後の北岳を見た。
南側には、中央アルプスや北アルプスまでを見ることができる。
白い雲が下から湧いてきて、それらを隠そうとしている。

——————————————————

篠原達郎さん、橋尾歌子さん、貴重なレポート、お写真をありがとうございました。

サントレース通信では、皆様の山行レポートをお待ちしております。
まずはSINANOお問い合わせ画面より、お知らせください。